ふくしま国際メディア村

2011-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふくしま国際メディア村の主旨 - 2011.05.19 Thu

『ふくしま国際メディア村』開村のごあいさつ

 東日本大地震、それに関連する被害にあわれた方々に心よりお見舞い申しあげます。3.11大震災は地震だけにとどまらず、津波、原発、風評という災害まで引き起こし、東日本に甚大な被害を与えました。

あの日から3ヶ月が経過しましたが、生活費(光熱費、食費)がネックで避難所から仮設住宅への入居が進まない、避難所にも仮設住宅にも行かず半壊の自宅で暮らす在宅退避者(孤立高齢者)、そして、放射能に振り回される原発避難民など、いまだに多くの被災地は、復興どころか復旧さえ思うように進んでいないのが現状です。

いま私達に求められているのは、現状(いま起こっていることや危険性)への“冷静な判断力”と自分ができることを即座にやるという“行動力”ではないでしょうか。 それが“行動の連鎖”となり、福島、東北、そして日本全体の復興の推進力になると信じております。

「自分にできることは何か? 机上より行動!」という志を同じくする同士が集まり、このたび地震、津波、原発、風評の4重苦に喘ぐ“いわき”を情報発信地とし、『ふくしま国際メディア村(テント=ゲル造り)』を、市営長町公園内(福島県いわき市内郷御厩4-64)に開村いたしました(平成23年6月10日)。

今回の拠点となる“いわき市”は東京23区の2倍の面積があり、中心地は福島第一原発から約50Km離れています。しかしながら北端が第一原発から30Km圏に入るため、市全体が「危険エリア」と思われてしまいました。“いわきは危険”という風評はあっという間に広がり、物流だけでなく、農作物、水産物など、ありとあらゆるところに深刻な被害をもたらしております。

被災についての正確な情報がほとんど発信されていません。これが上記のような風評を招き、大きな被害を導いたのです。しかし、これは原発周辺の町だけの問題ではなく、いまや世界の目から見たら、日本全土が危険エリアとみなされている場合も多く、そのための風評被害が続出しています。

当『ふくしま国際メディア村』は海外ジャーナリストに迅速、かつ正確な生の情報を世界に配信してもらうため、情報提供と活動支援を目的とし設立されたものです。また、イベントやフォーラム、セミナーなどを企画開催し、被災地自ら世界に向けて情報を発信していきたいと考えております。皆さまのご理解とご支援をいただき、福島、東北、そして日本全体の復興のために皆さまとともにがんばって参りたいと思います。

平成23年6月吉日
ふくしま国際メディア村
村長  荻野政男


Message regarding establishment of “Fukushima International Media Village”

To those who have been affected by the Great East Japan Earthquake, I express my deepest sympathy. The 3.11 calamity has caused tremendous damages to East Japan: disasters not only from the earthquake, but also those arising from the tsunami, nuclear power plant, and misleading information.
3 months has passed since the incident, yet in many of the disaster stricken areas, restoration is hardly progressing. People have not been able to move from the emergency shelters to the temporary housing facilities because self funding their costs of living (fees for food and utilities) present a challenge. Isolated elderly people have no choice but to live in their half destroyed homes, been unable to live in emergency shelters or temporary housing facilities. Those who lived close to the nuclear power plants continue to be displaced.
What is required of us now is “rationale judgment” (based on the current situation and risks) and each individual immediately “taking action” based on what they can act upon. I believe that these will generate a “chain of actions” that would drive the revival of Fukushima Prefecture, the Tohoku region, and all of Japan.
On June 10, 2011, members with aspiration of “What can I do? Act rather than contemplate!” have joined efforts to position Iwaki-city, an area struck by the four devastating consequences of earthquake / tsunami / nuclear power plant / misleading information, as the “center of information distribution” and established the “Fukushima International Media Village” within the city-run Nagamachi Park (4-64 Uchigo-mimaya-machi, Iwaki-shi, Fukushima Prefecture).
The size of Iwaki-city is twice that of the total floor area of all 23 wards of Tokyo. The center of Iwaki- city is located approximately 50 km away from the Fukushima Daiichi nuclear power plant. However, since the Northern tip of the city falls within the 30km radius of Fukushima Daiichi, people consider the entire city as a “danger zone.” The rumor that “Iwaki-city is dangerous” spread quickly, and has caused serious damage not only to the flow of material to and from the city, but also to the product marketability of agriculture, fishery, and other industries.
Accurate information about the disaster and its impacts are rarely available. This has triggered the spread of rumors, and has led to immense damages. This problem is not only about cities surrounding the nuclear power plant. This relates to all of Japan, as we witness many instances where the world now views all of Japan as a dangerous area. Such misleading information continues to cause harm.
For international journalists to send accurate and live information to the world, the Fukushima International Media Village has been established to support their activities and provide information. We will plan and host events, forums and seminars as an initiative driven by the disaster stricken areas to send information out to the world. We seek understanding and support from everyone, and will strive together to restore Fukushima Prefecture, the Tohoku region Japan, and all of Japan.

June 2011
Fukushima International Media Village
Leader Masao Ogino


スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

fwpc

Author:fwpc
ふくしま国際メディア村へようこそ!

世界のジャーナリストが迅速、かつ正確に“ふくしま”の情報を配信することができるよう、情報提供と活動支援をしていきます。また、イベントやフォーラム、セミナーなどを開催し、自らも世界に向けて情報を発信していきます。

公式HPはこちら→http://www.fukushima-news.com/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

トピックス (5)
ふくしま国際メディア村とは (9)
除染活動 (7)
被災者事情 (2)
イベント情報 (7)
ふくしま復興音楽祭(Earth Tuning) (25)
いわき新頑張る日本!プロジェクト (1)
活動内容 (4)
メディア掲載 (1)
村民(協力者) (7)
協力者・ボランティア募集 (2)
マスコミ関係者へ (2)
組織概要 (1)
English (1)

月別アーカイブ

フリーエリア

twitter & face book

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。